スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷 子

2009.01.16 12:45|未分類


大好きな 隼人くんの ブログに。。。
お仕事の現場でのひとこまが
書かれていました。




http://ameblo.jp/koinotakinobori-baka/entry-10193124310.html#cbox




現場で…

寒い中、少年が一人ぽつんと撮影を見つめていたので、話し掛け

僕「寒くない?大丈夫?」

少年「うん、大丈夫」

僕「一人なの?」

少年「お母さんといたケド、今1人で見に来た」

僕「年の割にしっかりしている子だなぁ…」という印象を残し、ちょくちょく話し、“じゃあまた”とハイタッチして…


…少年が



…すぐ、戻ってきて

少年「お母さんがいない!」

僕「マジで?!家近いの?」

少年「でも、お金あるから、1人でも帰れるから、大丈夫!」

僕「本当か???」


そこで、次の現場に移動しなくちゃ行けなくなり…




実際




…心配です



自分も小5の時には1人で電車にも乗れて、
プラプラしていたので、その少年と別れてしまったのですが、

そこは六本木


仕事が無かったら、一緒に親を探せたのに…


僕が言う事じゃないと思いますが
親御さんの方々、子供に旅をさせるのはいい事だと思いますが、程よく目を光らせて置いて下さいね

…ケドあいつきっと強くなるな♪(笑)

小さいながら意思の強い目に惹かれました





すみません。。。
そのまま コピーしちゃいました。
はやと くん ごめんね !!




まず
やさしいんだなぁ ~~って 感心しました。
いくつくらいの 少年だったのだろう ???
彼は彼で はやとくんに 気を遣って
「 大丈夫 」 と 答える健気な子だなぁ。。。
きっと 移動じゃなかったら
お仕事じゃなかったら
一緒に 探してあげたのだろうなぁ って思います。




そういう風な 意思の強い瞳って
はやと くんの 瞳だわ !! って 思いました。
あの瞳と そのすぐ下の ふたつの ほくろが
可愛い。




もし 娘と 私だったら
大都会の 六本木で …
想像しただけで 恐ろしくなります。




デパートで ほんの数分 姿が見えなくなっただけで
蒼くなっちゃうのに。。。
幼い頃 ありました。
本人には 迷子になった自覚は
まるで ありませんでしたが。。。




仁己瑠を 我家に 迎えて
母が お散歩に連れて行ってくれた時に
スーパーで ほんの 僅かな隙に
繋いだハーネスがゆるんで
脱走してしまった時には
本当に 生きた心地がしませんでした。
『 国1 を 渡って行った !! 』 と 言う 目撃情報を
聞いて パパが 慌てて
国1方面に 探しに行ってくれて。。。
私は 別の場所を 必死で 名前を呼びながら
いつしか 最悪の事が頭に浮かんで
涙が 零れました。
何度も何度も 頭の中で 打ち消して。。。
自宅から 会社へ戻る途中
『 ○りあ ママ ~~ !! 』 と 呼ばれ
振り向くと そこには 娘のお友達のパパさん。
シュナちゃんの セーラちゃんと お散歩中の所
私達が 血相を換えて 仁己瑠を 探している所に
出逢って 一緒に 探してくださっていたパパさん。
交差点の 向うとこちら。
パパさんの にこにこの笑顔。
『 よかったね ~~ !! 』 と 声をかけてくださったの。
エッ ~~~ なに ??? 今 なんて 言ったの ???
って パパさんを よ~~く 見ると
それは 大事そうに 仁己瑠を ダッコして
くださっていたの。
信号が 変わるのが 待ちきれませんでした。
『 も~~~ この仔はぁ。。。』 喜びの再会なのに
涙が 後から後から 零れてしまって。。。
パパさんに 事情を 伺って そして お礼を言って
会社に 戻りました。
自分のミスで 仁己瑠を 危険な目に 遭わせてしまった
ショックの 母に 仁己瑠は ペロペロ KISS。
母は 『 ごめんね。ごめんね。』 と 涙・涙。。。
母に ダッコされ 2階へ 上がる時
『 もう 絶対に 離さないからね !! 』 と 仁己瑠に
話しかけたのを 覚えています。
パパは まだ 探していてくれたので
外で 待っていると 信号の 向うに パパを 発見。
両手で おおきく ○ を 作ると
パパも 同じように 両手で おおきく ○。。。
『 よかったねェ。。。』 と 満面の笑みでした。




そんな事を 思い出してしまいました。




この少年のお話 … 心配です。
でも きっと 無事に帰れましたよね !!
はやと くんの やさしい気持ちが
彼に 勇気を与えてくれて
はやと くんに 声をかけてもらえた事を
お母さんに 自慢してるんじゃないかな ???





私も はやと くんの
やさしい気持ちに触れて
何だか とても HOT な 気分に 浸れました♪
私も 直接 声を かけてもらいたい !! って
思っちゃいました。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
絶対 無理だけど。。。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、





ひとりっこの頃の 仁己瑠




幼い頃の 仁己瑠ちゃん


スポンサーサイト

コメント

逞しさも必要なのですが・・・やっぱり心配しちゃいますよね。
我家の兄niもとても逞しい子でしたが、それは田舎での生活の逞しさ。
真っ暗になって心配で兄niを探していると、必ず近所の方とかが「あっちの方に行ったよ」とか、友達のお母さんから「暗くなったけどうちにいるからね」って消息が分かるもの。

ところで、仁己瑠ちゃん、小さい頃大変な事があったんですね。
麗さん、本当に心配されたでしょう。
でも、やっぱり色々な人がちゃんと見ていてくれて、無事に戻ってこれてよかったですね。






++ 菊ひな母 さぁ~ん ++



こんばんわ ☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆



逞しいって それだけで すごくいいなぁ~
って 思います。
男の子を育てた事がない私には ちょっと
わからない部分だけれど。。。
甥っ子を 見ていると 男の子は やっぱり
逞しい方が いいなぁ~って 思っちゃう。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
都会も 地方も 今は 関係なく 油断できない
世の中になってしまいましたよね。
全国 どこかで 殺伐とした事件が起こっていますものね。
この少年は きっと はやとくんとの出逢いを
一生忘れないんじゃないかなぁ~~と
思いました。
ファンだから 尚更だけど。。。
こういう気持ちを持っていてくれる若者が
居てくれるんだ !! って 思うと …
つい 嬉しくて ヾ(*´ー`*)ノ



そうなのです。パパは 今でも
「 奇跡の生還 」って 言います。
全国で 初めて出来た国道1号線ですから。
交通量も ハンパじゃないです。
でも 時間的にも幸いしたのか お昼前だったの。
どうも 車が 止まってくれたようでした。
でも 国道を往復してしまったので。。。
2代目の仔は 国道を渡って 自宅の
マンションまで 帰ってしまった事が 2度
ありました。毎日 歩いていた道でした。
歩行者の人と一緒に ちゃんと
青信号を待って 渡ったそうです。



初代の仔は 会社の近くの交差点。
仁己瑠を ダッコして パパさんが 待っていて
くださった所から 横断歩道で。
実は … 車と。。。美しい盛りの3歳3ヶ月
での 突然のお別れでした。
なので 仁己瑠を 探していた時には
絶望的な気持ちでした。
もう1度 仁己瑠に KISS してもらいたい !!
って 思い続けて。。。ロッキー・ミッキー
仁己瑠を 守って !! って 思いながら
探しました。そして 喜びの再会が叶いました。
にこにこの笑顔を 再び 運んで来てくれました。
お散歩の途中
梃子でも動かなくなってしまう
ガンコな一面を 持ち合わせている仁己瑠ですが。。。
樹杏の やさしいママ ♥♥
私も 見習わなきゃ !!
って 思う事もあるんですよ。



どうぞ ご自愛くださいませね ♥♥♥

ヾ(*´ー`*)ノ ヾ(*´ー`*)ノ

遅くなって・・すみません
明けのしておめでとう♪
可愛い年賀状ありがとう御座いました。
今年も色々有って年賀状は失礼させて頂きました。

迷子・・・本当に人間もワンも心臓が張り裂けそうな程・・・心配でなりませんよね。
気丈な男の子・・無事に母の元に帰れた事で
しょう。。。❤
仁己瑠ちゃんも・・大変な冒険しちゃいましたね
でも・・無事で本当になりよりでしたねぇ~



++ 百桜ママさぁ~ん ++



お誕生日おめでとうございます ♥♥


いろいろ たいへんでしたね。
今年は いっぱいいっぱい 素晴らしい事が
起こるのではありませんか ???


どうぞ ご自愛くださいませ ♥♥♥

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

麗

おいくつ?

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。