スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなの中の ゆうちゃん。。。

2007.01.02 15:04|未分類
朝食の後。。。パパが

『 今頃 勇璃が居たら。。。

どのくらいに なっていたかなぁ ~~ 』 と、


樹杏を ダッコしながら ポツリと。。。


『 ちゃんと 隔離して 勇璃に

つきっきりになってあげられれば。。。

でも うちの 環境じゃ それは できなかったし。。。

可愛かったね。あの仔。

雷太の後を 一生懸命追いかけて。。。

なかなか 追いつけなくて

いつのまにか 待ち伏せすること 覚えて。

樹杏とは ケンカしてたよね。

ちいちゃな口を 精一杯大きく開けて

威嚇してたつもりなんだろうね。

樹杏には 威張ってた !!』


『 勇璃は 樹杏の お兄ちゃんだから。。。』


『 自覚してたのかなぁ ??? 』


『 きっと してたよ !! 』


『 きっと 。。。そうだね。』


『 雷太が おおきくなっちゃったら

やさしい 蘭ちゃんの後を 追うようになって

ピッタリくっついている事が多くなったね。

仁己瑠より 蘭ちゃんだったみたい。』


『 蘭は 嫌がらないで いつも やさしかったね。。。』


『 お盆は 一番 元気だったね !! 』


『 どこへ 行っても 可愛い ~~ !! って

言われたね。』


『 駆け足で 逝っちゃったけど

おうちの仔で 生まれてよかったよ ~~ !! って

思ってくれてると思うよ。』 と、



パパは 茉莉亜の瞳を見詰めて言いました。
茉莉亜は 黙って頷きました。
自分が DL に 遊びに行っている間に
旅立ってしまった勇璃のこと。
ずっとずっと 悔いが残っていた茉莉亜。
パパから こんな風に言ってもらえて
痞えていたものが 取り除けたようなそんな表情でした。



『 樹杏が 居てくれるんだから。。。

ちょっと おバカだけど

大事に 育てていこうね !! 』



愛おしそうに 抱き上げると
樹杏は パパに KISS。。。
そんな様子を 仁己瑠も 蘭も 穏やかなお顔で
見守ってました。



私の中に 心残りは まだまだありますが
一生懸命 勇璃を愛して。。。
本当に短い時間でしたけど
しあわせな時間を共に過ごせました。
この世に 生まれて来てくれた事。
仁己瑠と蘭の 赤ちゃんで 生まれて来てくれた事に。。。
感謝の気持ちで いっぱいです。



勇璃の妹 樹杏。
樹杏が私を真っ直ぐに見詰めてくれる瞳の中に
勇璃を 感じ
精一杯 この新しい年を生きて行きたいと思います。



生まれて来てくれて
本当に どうもありがとう

ゆうちゃん。。。






兄妹




勇璃 & 樹杏







大好きな 蘭パパと。。。




蘭丸&勇璃

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

麗

おいくつ?

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。