スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっぱいいっぱい愛してくれて・・・ありがとう

2015.08.18 13:14|未分類
哀しいお知らせをさせていただきます。

15日午前12時50分
愛しい愛しい 仁己瑠が旅先 山中湖で旅立ちました。

軽い気持ちで受けた健康診断で
肝臓に問題があることがわかり 肝臓に細い針を直接
指して細胞検査をしていただいたところ
「悪性上皮性腫瘍の疑いがあります。」と言われてしまいました。
(2月27日のことです。)
「セカンドオピニオンしてください。」と主治医から言われ
お友達のご厚意で 3月21日に 別の病院へ。
その時 綺麗だったはずの肺に 白いモヤモヤ。
肺に転移してしまっていたのです。
溜まってしまった胸水を抜いていただく治療をしていただき
帰りの新幹線の中で 事の重大さにひとり涙してしまいました。
そんな私を心配そうにじっと見上げてくれた仁己瑠が
不憫に思えてなりませんでした。
主治医と何度も話し合い12歳になる直前の仁己瑠
緩和治療をすることになり
私なりに調べて 漢方薬を始めました。

4月のお誕生日には 親戚さんがお祝いに駆けつけてくださいました。
本当に嬉しかったです。
みなさま どうもありがとうございました。m(._.)m

主治医が驚くほど 落ち着いていてふだん通りの生活をおくれました。
そして GWには 乗鞍高原への旅行を楽しめました。
その後も調子が良く
胸水も6月27日まで抜く必要がありませんでした。

ご近所さんの紹介で 7月12日にアニマルコミュニュケーションの
セッションを受けることができました。
仁己瑠の真実を知ることができたような気がして・・・
切なくなるほど・・・愛おしく感じました。
ほんの一部分ですが。。。

・・・・・・・・・・・・・・

-今、仁己瑠ちゃんは幸せ?

★ 正直、身体は無理が効かない時があるけど、心は幸せよ。

-そう。身体はどんな風に無理がきかないの?

★ 時々、動くのがつらい時があるの。

(身体が重く倦怠感を感じる。胸を圧迫されるような感じ。
この時に喉に軽い締め付け感があり、呼吸がしずらそう)

★ でも、もう仕方がないの。このまま治らないの。

-どうしてそう思うの?

★ お医者さんがそう言ってたから。

-そうなんだ。お薬は飲んでるの?

★ 飲んでると思う。たぶんあれが薬。

(緑っぽいようなグレーのような粉をフードに混ぜてあげている?)

-身体は大変そうだけど、今何をしてる時が一番楽しい?

★ ご飯食べてる時

(柔らかくしたもの。ウェットかドライフードを
柔らかくしたものに手作り食を加えてアレンジしてるのかな?
味がしっかり感じられる。食欲もある)

★ お散歩

(でも長時間は無理そう。長距離を歩くのは負担がかかり、
息を荒くしてバテている仁己瑠ちゃんが見える)

-じゃあ、やりたくないのはどんなこと?

★ お留守番。自分たちだけでいると不安。

(いつも早く帰ってこないかな~と思っている)

-そっか。じゃあ、今仁己瑠ちゃんがやりたいのはどんなこと?

(緑の草原を思い切り走る姿が見える)

-自由に走り回りたいの?

(そう聞くと、もう1頭とじゃれてる姿も見える)

-樹杏ちゃんと思い切り駆け回って遊びたいの?

★ そう。思い切り遊びたいの。思い切り駆け回りたいの。でも無理なの。

(走った時の息苦しさを感じる)

できないからやりたいの。

-そっか。じゃあ、ママにできることは何かある?

★ ママに?
ママは今大変なのよ。蘭丸だけでも大変そうだったのに私まで・・・。
ママには申し訳ないと思ってるの。私をとても心配してくれてるのよ。
だけど、無理はしないでと伝えて、私は私で頑張るからと。

-ママは仁己瑠ちゃんのやりたいことをやらせてあげたいと言ってたよ。

★ 私は毎日楽しく過ごせればいいの。それだけでいいの。

(彼女は自分の寿命を悟ってるのかも?と私が感じたのを 仁己瑠ちゃんも察知したように)

★ わかってる、わかってるわよ。
だから毎日を楽しく過ごすの。後悔はしたくないの。

(彼女の決意にも似た感情を感じる。命が尽きるその瞬間まで
できるだけたくさんの思い出を作ろうとしている。
幸せで愛に満ちた日々の思い出。明るくHappyに過ごすと決めている様子)

★ だから・・・みんな笑っててね、楽しい毎日を過ごしましょう♪って伝えて。

-あとね、もうすぐママが恒例の旅行を考えてるよ。

★ わあ!行きたい!
いつもとても楽しいのよ。その時は家族みんな一緒なの。
一緒に遊ぶのよ。

(自然をすごく感じる。浮き立つ感情、喜び。自由を感じる)

-その旅行には行けそう?

(胸に痛みを感じる。顔が曇る)

★ わからないわ、でも行きたい!!

(今の彼女にとって一番のメインイベントになる)

-私にも伝わってくるわ。とても楽しいのね。

★ 楽しいわ。面白いこともいろいろあるし

(楽しいハプニングを思い出しているのか笑ってる。
あと、旅行の時なのか、蘭丸君や樹杏ちゃんにあれこれ注意したり
指示してる仁己瑠ちゃんが見える。よっぽど楽しいんだろうと思う)

-そっか、早く旅行に行けるといいね。

★ ほんとよ。早く行きたいな。

(旅行=楽しい思い出になってる)


・・・・・・・・・・・・・


旅行前日の診察も
お墨付きをいただいて 12日から涼しい山中湖へ。

14日は午後から 息苦しそうにしていたので
大事をとって ロッジのお部屋でまったり過ごしていたのです。
「朝一番で 帰って病院へ行こうね。」と 仁己瑠に
お話していたのですが。。。
11日に主治医から
「急変することもあるから 気をつけてね !!」 と言われた
言葉が胸に突き刺さりました。

本当に人間みたいな感覚の持ち主の仁己瑠でした。
私達の言葉をすべて理解できていた仔でした。

12年前の5月28日
二代目の仔を 15歳で見送り 真っ暗になってしまった我家に
にこにこの笑顔を運んで来てくれたのが・・・
生後48日目の赤ちゃん仁己瑠でした。

愛しい愛しい仔。仁己瑠ちゃん♡♡♡

病気が発覚して半年。
苦しそうなお顔を見せたのは ほんの数時間でした。
心配しないように・・・
私達の為に気を遣ってくれていたのだと・・・思います。
とっても とっても頑張ってくれたと思います。

アニマルコミュのセッションで
旅行に行きたい !! と答えてくれた仁己瑠♡♡♡
今度の旅行も
とってもとっても楽しみにしていてくれた仁己瑠ちゃん。
「旅行 行こうね !!」 と声をかけると
嬉しそうに シッポぶるんぶるんの仁己ちゃんでした。

希望通りに・・・家族全員 揃って最後の旅行ができました。

こうして みなさまとご縁をいただけたのも・・・
仁己瑠ちゃんが居たからです。
どうもありがとうございました。m(._.)m

仁己瑠ちゃん ♡♡♡
あなたに逢えて ママはとっても しあわせでした。
おうちを選んで来てくれて 本当にありがとう。
2歳の時に お江戸から 蘭ちゃんを迎えて
いつもいつも ママのように寄り添ってくれてお世話をしてくれて
ありがとう・・・ね。

3歳で 樹杏たちを 生んでくれて 本当のママになってくれて
ママと茉莉ちゃんに 取り上げさせてくれたね。
茉莉亜は 高校2年生の時でした。

仁己ちゃんの 大切な大切な 樹杏♡♡♡
精一杯 可愛がるからね。安心してね。
蘭ちゃんのお病気を心配してくれていたよね。
今日も 普通の息遣いだから・・・大丈夫だよ。


本当にどうもありがとう。m(._.)m
ずっとずっと 愛してる。
ずっとずっと・・・大好きだよ。
姿は見えなくなっちゃったけど・・・いつも 傍に居てくれるんでしょ???

ありがとうね。m(._.)m
にこちゃん 大好き。
いっぱいいっぱい愛してくれて・・・ありがとう。


超 ご無沙汰なのに・・・
こんなお知らせになってしまいました。ごめんなさい。m(._.)mm(._.)mm(._.)m

13日の 仁己瑠 & 蘭丸 (右)


11857578_861310107290145_1548194942_n.jpg
スポンサーサイト
| 2015.08 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

麗

おいくつ?

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。